HOME > 弁護士費用

弁護士費用

1. 相談料

ご相談をお受けする際にいただく料金です。

(1)30分ごとに5,400円(税込み)
(2)債務整理に関する初回のご相談 無料

2. 顧問料

基本顧問料
月額32,400円(税込み)から 応相談。

基本顧問料に3時間までの法律相談料が含まれています 。1月につき3時間を超えるご相談をいただいた場合には、超過時間についてタイムチャージが発生します。ご依頼社の財務状況に応じた柔軟な顧問料設定をしております。詳しくはお問い合わせ下さい。

3. 一般民事事件の料金

着手金は、事件の結果にかかわらず、受任の際にいただく料金です。
報酬金は、事件の結果に応じて、終了時にいただく料金です。
どちらも、事件の経済的利益(請求する額、請求されている額)の額を基準に、次の通りとしています。(いずれも別途、消費税8%がかかります。)

一般民事事件に関する弁護士報酬早見表
経済的利益 着手金 過払報酬金
金300万円以下の場合   8%×1.08 ※1    16%×1.08
金300万円を超え,
金3000万円以下の場合
(5%+金9万円)×1.08 (10%+金18万円)×1.08
金3000万円を超え,
金3億円以下の場合
(3%+金69万円)×1.08 (6%+金138万円)×1.08
金3億円を超える場合 (2%+金369万円)×1.08 (4%+金738万円)×1.08

※1 ただし、10万8000円が最低額です。
※2 事件の難易度等により、減額又は増額させていただく場合があります。

例えば「商品を1000万円で売ったのに、買主が代金を払ってくれないので支払いを求めたい。」というケースでは、

着手金は、(1000万円×5%+9万円)×1.08=84万7200円 となり、
報酬金は、ご依頼の結果、1000万円が回収できたときには、(1000万円×10%+18万円)×1.08=127万4400円

となります。

4. 債務整理事件の料金

 

債務整理事件に関する費用一覧
  着手金基本報酬金過払報酬金
任意整理事件約定残高なしの場合 0円 0円回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)
約定残高有りの場合 1社につき
16,200円
1社につき
16,200円
回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)
違法高利業者からの借入 1社につき
21,600円
1社につき
21,600円
回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)
破産事件
(個人・法人)
同時廃止事件の場合 21,600円 0円回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)
少額管財事件の場合 324,000円 0円回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)
個人民事再生事件住宅特別条項を
適用しない場合
150,000円 162,000円回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)
住宅特別条項を
適用する場合
150,000円 216,000円回収額の21%
(訴訟による場合は26.25%)

5. 刑事事件

刑事事件につきましては、以下の「刑事弁護人 齋藤大」のサイトに詳細な設定がありますので、そちらをご覧ください。

刑事弁護人 齋藤大

6. 支払方法等

(1)基本的には相談料はご相談時に、着手金は受任時に、報酬金は事件終了時に一括でお支払いいただくこととしていますが、お客様の資金繰り、生活状況等に応じた分割払いでのお支払いも受けております。

(2)法テラスの民事扶助制度(弁護士費用等の立替制度)の利用も可能です。ご相談下さい。

(3)上記の料金はいずれも基本的な料金です。事案が複雑など、ご相談のうえ、追加の着手金・報酬金をいただく場合もございます。また、顧問契約を締結していただいている場合などには、事案に応じた割引もしております。詳しくはお問い合わせ下さい。